2014年10月18日土曜日

クライマックスシリーズのこと

今年のセ・リーグのクライマックスシリーズは阪神が勝ち上がり、日本シリーズ出場権を獲得しました。コレ自体は素晴らしいことで、よくぞ勝ち上がったと誉められることです。
しかし、僕の見ているツイッターでは「巨人ざまあ」などとアンチ巨人ファンの発言も目立ちました。気持ちは分からなくもないですが、こういう方々はプロ野球ファンでは無いのだなと諦めています。

そしてもう一つ、阪神ファンの喜びようが盛り上がり過ぎな気がするのです。
阪神ファンの喜びを表すパフォーマンスとしては道頓堀への飛び込みがあります。今回も多くの人が飛び込んだようですが、冒頭にも書いたように日本シリーズ出場権を獲得したにすぎません。ペナントレースの優勝はあくまでも巨人なのです。
何年か前にもパ・リーグでロッテが3位から勝ち上がり、日本シリーズも制して日本一になったことがありました。その当時は下克上と大いに盛り上がったのですが、これはそういうルールの元で勝ち上がったロッテを褒め称えるのはもちろんなのですが、ペナントレースの優勝は別チーム(ソフトバンクだったかな?)、日本シリーズを制したのがロッテということになるのです。
話は戻って阪神のこと。クライマックスシリーズというルールがあり、そのルールの元に勝ち上がったので、日本シリーズもぜひとも頑張ってもらいたいのは僕も思っています。もちろん、パ・リーグ側も現時点ではソフトバンクと日本ハムと、どちらか決まっていませんがどのチームにも頑張ってもらいたいと思っています。阪神ファンとしては憎き巨人を倒して日本シリーズ出場となったわけですから、喜びもひとしおでしょう。むしろ、このクライマックスシリーズで巨人を圧倒した強さが何故ペナント中に発揮されなかったのかが不思議でなりません。

何にせよ、今年のセ・リーグは阪神タイガースが日本シリーズに出場します。楽しみですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿