2013年3月18日月曜日

相馬から松川浦を見て回った

4時過ぎ、福島駅西口に到着。
暗い、暗いよ! まだ日が出るまで2時間ぐらいはあるはず。。。近くにあるガストに移動。朝食にスパゲッティとドリンクバーを注文。しまった、まだ深夜料金だw

6:30
東口のバスのりばから相馬に出発。片道1000円だが、往復の回数券を買うと1800円で済む。

8:00
相馬に到着。バスの中では気を失っていたようだ。相馬駅まで歩き、駅構内で写真を撮る。警戒区域は通り抜けられないのだが、その他の地域では復旧が進んでいる。2年も経ったのだ。

そのまま歩いて海の方へと行く。地図でしか見ていなかったので距離感が掴めていなかった。
1時間ぐらい歩いたところでJAの直売店があった。
干物なんかが売られていて、スルメを1杯購入。50円也。

9:30
松川浦に到着。下水道管の修理など、地道に進められている。

津波の傷跡はまだ痛々しく残っている。

だが、負けてばかりではない。新しい建物だって、どんどん作られているのだ!

おいかわ食堂というところに入って食事。内装が綺麗で新しいお店なのかと思って聞いてみた。そしたら津波で流されてしまったために新しく建てたそうだ。お店自体は前々からあるとのこと。

お店の中でうたた寝をしてしまった。会計を済ませてお店を出る。
また歩くのもかったるいのでバスで相馬まで戻ることにした。バスの待ち時間はおよそ40分。強い風が吹き付ける中、バス停で待っていた。
相馬へと戻るバスで、松川浦からちょっと内側に入ったところで、目に飛び込んできた光景で唖然とした。何も無いのだ。2年も経ったのに!


0 件のコメント:

コメントを投稿