2012年4月18日水曜日

おみくじについて

おみくじの結果を載せているからか、よく検索で来られる方がいらっしゃる。
意味を知りたいと、無理からぬ事なんだけれども、ちょっと待って欲しい。何せ和歌である。31文字である。同じ歌でも解釈が異なるということを分かってもらいたい。

例えば「朝日」という言葉があったとしよう。文字通り「朝日」ということもあるし、夜明けを指すこともある。夜明けから意味が転じて絶望状態からの脱出を意味することもあるし、更には明るい輝かしい未来というように、意味が発展していくこともある。
それはその時々の心情であったり状態であったり、まちまちである。だからおみくじの和歌の意味は意味であるんだけれども、それを自分の今の状態に当てはめて考えなければ、全く意味が無い。
神社にお参りし、色んな願いごとをお祈りし、そしておみくじを引く。その和歌を詠み、情景を想像し、自分の状況と願いごととを照らしあわせて解釈する。和歌の解釈文と違っていても、それはそれ。自分の感覚の方が正しいと信じて、おみくじに書かれてあることをじっくりと味わう。

ついでに、言われるがままというのも頂けない。
和歌の解釈で、どうもよくない方向に向かっているとか、個別の項目でよくないことが書かれてあったとする。そうしたら、そこをなんとかと再度お願いするぐらいの気構えがほしい。
よくないってのをよくして、もし悪くなるんだったらできるだけ少ない被害(?)で、またいい結果というんであれば、更に良くなるようにと、図々しくも頭を下げたらいい。
それぐらいの気概があっても、いいじゃないか。

0 件のコメント:

コメントを投稿