2012年3月4日日曜日

さて、コシャエールからあらし、そしてサプライズ

寒い。。。とにかく寒い。。。
ふと目が覚めると毛布1枚にくるまれて、床でゴロリとしていた。あぁそうか。るぱんアジトに泊まったんだっけ。
とりあえず、るぱんカレーをたびる。うん、旨い。ちょっと味に締まりがない。コンソメかブイヨンを入れるといいと思う。
具にダイコンを入れるというので、ちょっとどうかと思っていたのだが、小さくすることで美味しくなっていた。今度うちでカレーを作る時にはダイコンを入れよう。

Moby中吉野店まで送ってもらい、今度はここでイマジンを待つ。急な予定変更でネカフェからるぱんアジトに泊まったのだけれども、待ち合わせ場所は特に変えたりしていないので、ここで拾ってもらうのだ。
当初の予定ではなんとかバスで鳴門の営業所まで行き、そこから歩いてコシャエールを探そうと思っていただけに大変ありがたい。
というわけでイマジンカーで、途中川久保さんを拾いつつ、コシャエールに到着。
11月ぐらいに「3月になったら行きます」と言っていた約束がようやく果たすことができた。この旅ではこのような約束をいくつか果たすことができたのは、大いに喜ぶべきことであろう。このコシャエールも鳴門での営業は3/10まで(だったかな)。24から(だったと思う)は先程のMoby中吉野店の目の前に移動するとのことだ。

ばかでっかいししゃもねこ。写真右下部に川久保さんが写り込んでるけど、なんか心霊写真みたいになっちゃった。。。

左に写っているししゃもねこタンブラーをゲットしました。

私の持っているししゃもねこは本当に制作第1期のものだからか、目の位置が少し離れている。どれにしても、全て手作りなので顔や表情といったものが各個体で異なっているのだ。

その後、もの作り作家さんのLapipomme(ラパポム)さんも閉店前にご挨拶に来られた。ラパポムというのはフランス語読みらしい。なので私の知ってる唯一のフランス語のギャグを披露。
「フランス人は卵を見ると笑うんです。タマゴはフランス語でウフだから」
すると川久保さんから「ウフ」との声が。ほら、笑った。なお、このギャグ自体はザ・ホワイトハウスで披露されていたのでオリジナルではない。
そしてなぜかこの後はギャグ大会。店内には笑い声がこだましていた。主にイマジンの。

お昼時になりイマジンに連れられてあらしへ。刺身定食が旨すぎて生きるのがツライ。

イマジンカーで鳴門営業所でおろしてもらい、鳴門公園へ移動。徳島に来て鳴門公園に必ずと言っていい程立ち寄っている。
千畳敷の土産物屋で神山すだちサイダーを発見。とりあえず飲んでみるが、ちょっと甘いかな。もう少し砂糖控えめで、ドライな味の方が受けると思う。

徳島駅まで戻ると、Tekoge&まーちゃん夫婦が再び会いに来てくれた。そしてご当地お土産をくれたりして、嬉しい。

スタバであいぽんの充電をしつつ、ぼけーっとしてるとあるでよさんがやってきた。そして石焼いも子のCDをプレゼントしてもらって、嬉しいなぁ。あとぶどう饅頭。こちらは雛祭り限定ものだそうだ。

そんなわけで、21時20分。雨の徳島から東京へと戻る。
今回の旅では先にも書いたけれども色んな約束があって、それを多くは果たすことができたのだけれども、中には破ってしまったものもあった。唯一の心残りでもある。
だけれども当初の予定というか計画というか、頭の中の構想よりも遥かに多くの人と会うことができ、本当にいい思い出になった。

0 件のコメント:

コメントを投稿