2011年10月14日金曜日

白山ひめ神社参拝

先月だったか、急な休みがあったときに行こうと思ったのに、その時間からだと夜行バスのチケットが買えなくて、行きたくても行けないという、非常に歯がゆい思いをした。
そこで、前日ではあったけどもなんとかチケットを購入し、思い切って行ってきた。

何回も路線検索で「加賀一の宮駅」を調べても、その手前の鶴来までしか出てこなくて、おかしいなぁと思ってwikiで調べてみたら、2009年の9月だったかに廃駅となっていた。ということは前回は2年以上前に参拝したことになる。もうそんなに経つのか。時間の経過というのは早いものだ。

新宿からの夜行バスに乗り込む。4列シートの普通のタイプだが、隣に人がいない!やった!ゆったりできるぞ。でも案の定、まともに眠れない。どうしてかねぇ。。。
8時前に金沢に到着。西金沢に移動するところで、駅構内の売店でサンドウィッチを購入。
JKの隣に座ってサンドウィッチを食うオレ。そしてタマネギと思われる具がボトっと落ちる。それもJKの足元に。。。なんてこったい。とりあえず目の前のサンドウィッチを全部食べる。その後何食わぬ顔をしてタマネギを回収。ふー。。。危なかった。この人痴漢です、とか言われないようにするのに緊張する。
別にやましい事は何一つしてなくても、変な言いがかりをされてしまう世の中だ。緊張せずにいられるか。

西金沢から北陸鉄道に乗り換えるのだが、なんか景色が違う。あれ、JRが高架じゃなくなってる。地震対策なんだろうか??首都圏では高架工事とかが盛んなのに、地方だと逆なんかねぇ。
北陸鉄道西金沢駅で切符を買おうとしたが、券売機が1万円に非対応であった。出札窓口で両替をしてもらう。そして買おうとしたら、その両替をしてくれた駅員が券売機の裏で、恐らく締め処理の為に機械を停止させた。オイ。。。確かに次の電車まで15分ぐらいあるし、急ぎで買わなくても大丈夫だけど、そりゃちょっと優先順位おかしくないかい?

鶴来からは徒歩。ずっと賀来だと思っていたが、鶴来であった。
白山ひめ神社には北口の参道からではなく、表参道から階段を上がる。ここの表参道が、樹々のアーチで気持ちがいい。ふんわりと柔らかい空気に癒される。
一番上まで来て楼門をくぐると、ぱぁっと広がる。この開放感は一種独特のものがある。
さて、いつものようにゴニョゴニョとお祈りを済ます。というところでお神籤の結果です。

第一番 大吉 [乾為天]
数多いみくじの中にも、此のみくじに逢う人は、最も尊い立派な運勢である。それだけに普通の人は位負けがして、『大吉かえって凶になる』のを用心せねばならぬ。これから吉運に向かう時ではあるが、勢いのみ強くて中身の伴わぬ事が多いから、油断なく努力する事が大切だ。己れを慎み、万事に正しく心掛ければ、神助と目上の引き立てとによって立身出世すること、竜が天にのぼるような勢いである。その時に若しも慢心して高ぶれば忽ち失敗するから用心せよ。

願事:大きな望みはむづかしいが、日常の事には吉。欲深くすれば凶。
職業:遅くとも出世運はある。気をぬかずに勉強すれば、人の引き立てがある。
売買:勢いよく動きの烈しい時だから、油断なく骨を折れば大きな利がある。
訴訟:利がない。此方も強気、先方の強気で、後悔する。止めるがよい。
交友:立派な人の集まる意がある。他に劣らぬよう励めば偉い人に認められる。
恋愛:相手は真面目で気の強い人だ。それだけに戯れの恋はつつしめ。
結婚:互に強い気持ちで不調になりそう。殊に女は気位高く、夫を尻に敷き易い。
旅行:何となしに不安や不便の多い時である。連れがあれば先づよろしい。
方角:大体に西北が吉。家探しでも失せ物たづねでも、先づ此の方角に注意せよ。
待人:来る事遅い。連れのある事が多い。二日目か五日目、又は二ヶ月の後。
失物:出にくい。探すなら西北か西南。有っても入れ物が空だったりする。
出産:妊娠の有無ならばまだ無い。産は流産にならぬよう注意。

この後、表参道入り口のところで笹寿司を食べる。水が美味しいから旨いのだが、ちょっと酢がキツイ。
金沢駅まで戻り、コーヒーとチョコレートケーキを食べる。コーヒーのブレンドはわがままを言って注文してみたのだが、残念ながら聞いてもらえ無かった。

帰りの高速バスで月光条例14巻を読んで号泣。チルチルの人を救いたかったという気持ちは本物だったと思うが、さてさて、これからどうなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿