2011年9月7日水曜日

鹿島神宮参拝

先日の成田不動に続き、参拝しなさいと言われた鹿島神宮に参りました。
この日も先日同様、夜勤明けで帰宅してから出発の準備をして出かけたのでした。

9月に入って1週間程経ったが、昼間になればまだまだ夏の気配が強く残る。今日も太陽が激しく自己主張をしており、頭をジリジリと照らす。
東京から鹿島神宮駅行きの高速バスに乗る。しばらくは本を読んでいたが、夜勤明けの疲れが出てきて敢え無くダウン。椅子をリクライニングさせて寝る。
ふと気がつくと鹿島セントラルホテルを過ぎて、そろそろ宇宙研究所。時計を見ると東京を出てから2時間近く経過していたことに驚く。そんなにするのか。

鹿島神宮に着くと、鳥居が無いことに気がつく。恐らく新しいものに変えるのだろう。式年遷宮もそろそろじゃなかったか。
そんなわけでゴニョゴニョとご祈願する。

帰りも高速バスを使う。鹿島セントラルホテルから結構人が乗ってきて、一気に満席。リクライニングも行きよりも深く倒れていたのに、残念ながら元に戻すしか無かった。
それでも疲れていたのでうっつらうっつらとする。渋滞も手伝って長い間バスに揺られていたが、そのほとんどの時間を寝て過ごした。しかし、ほとんど倒れていない椅子の為、全然寝た気もしなかったりした。


というわけでおみくじの結果です。

第16番
夫木集 公朝
衣手(ころもて)の 常陸(ひたち)の神の 誓にて 人の妻をも 結ぶなりけり

大吉

神の誠を心に得れば己も神の如く尊い人である
左様に尊い人であって神の寵愛に洩れる筈はない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
春雨に潤う草木の如し
神にも人にも愛せられ誠に都合よく世に立つ事が出来る。と云っても其の恵のみを頼めば其の心が弱くなって却って災となるから注意を要する

・思い立てる事
 ゆるゆる行うがよい
・出会える事
 急がねば必ず自分の考えが通る
・願い事
 次第に願い通りになる
・旅立ち
 ゆるゆる出かけるがよい
・縁談
 後の方がいい
・待ち人
 少し後れて来る
・出産
 安し 女子
・病気
 次第に快気

0 件のコメント:

コメントを投稿