2011年8月13日土曜日

徳島阿波おどり二日目

目が覚めて、歯を磨き、ヒゲを剃る。
外に出れば13日の太陽が自己主張を始める。今日も暑くなりそうだ。
徳島駅まで歩く。それだけで結構汗が流れてくる。

朝食は駅前のTully'sコーヒーでサンドウィッチと本日のコーヒー。私にとってこのコーヒーがえらくまずかった(好みには人それぞれ差があります)。残念ながら飲み干すことはできなかった。こんなんだったら、もっと徳島っぽいお店に入るべきであったと軽く後悔。

用事があり、鳴門に行く。

再び徳島の阿波おどりに戻ってきたのが16時頃。昨日同様に阿波おどりUST配信基地局に行くと、ようやくゆかしぃと対面することができた。今までずっとツイキャスで会ったりしているのだが、いざ徳島で会おうという時には何故かすれ違ってばかりいた。
基地局ではそのゆかしぃと阿波おどり前のUSTに出させていただいた。ここでゆかしぃをにわか連に連れて行くと宣言する。ゆかしぃも配信スタッフのヘルプだってのに狩りだしていいのかよく分からなかったが、まぁそのにわか連の中で撮影したらいいんじゃないかと思っていた。
裏へ引っ込んだところで、まりーと卯月ちゃんとも会う。2人とも可愛らしい女の子である。

18時近くなって、またもや鐘の音が鳴り響き、太鼓の音がこだまする。脳内からアドレナリンが吹き出てくるのが分かるような気がした。
にわか連に行く前に、その場にいた配信スタッフにお別れの挨拶をする。とは言え、彼らはイロイロな準備で大忙しなので、手を振って「ありがとう」と言いながら、にわか連が終わった後フェードアウトするのを伝えるだけである。

ゆかしぃとふがしとまりーを連れてにわか連に合流する。まりーは映ってはいけないのか、カメラ係である。
18時半からのレクチャーがあり、新町演舞場を一往復。掛け声は昨日と同様であるが、レクチャーの際「やっとさー」というのが魂の叫びだと初めて聞かされた。
往復が終わり、演舞場に向かって一礼。やはり礼節は欠かせない。
ふとマヴェルがいる。昨日に引き続きご挨拶して握手する。まりーが撮影しているのを見て「これ何かのUST?」と聞いてきたので「ゆかりんの」と答える。すると「お世話になってます」と腰が低くなる。元々腰が低いヒーローなのだけれども、何か面白かった。

20時過ぎ、基地局から荷物を運び出す。阿波おどりUST配信スタッフはそれぞれの持場にいて、MCやら会場整理やらで忙しくしている。手を振って無言で去る。ゆっくり話はできなかったが、それはまた次にすればいい。

びざんの湯で汗を流す。そして体重を量ると55.5キロ。昨日から1.5キロも痩せてしまったことになる。
受付のお姉さんにも阿波おどりを楽しんだことを伝える。やはりホテルの従業員だから、こういうことを伝えられるのは嬉しいのだろう。なかなかいい笑顔を返してくれた。

21時半に出発したバスは、私を日常に強制的に引き戻した。

0 件のコメント:

コメントを投稿