2011年8月3日水曜日

早朝川崎大師参拝

朝一番の電車に乗って川崎大師へと参る。
ここ数日、どうも間の抜けたような感じで、ちぐはぐ感が否めなかったので、関東随一の厄払いである川崎大師へと参ることにしたのである。
朝6時から勤行が始まるのだが、川崎大師に着いたのは6時5分。ちょっと遅れたが、まぁ気にせず中に入る。自分の事、周りの事、これからの事、様々なことを一心不乱に祈る。
勤行の途中、お坊さんに促され仏像を見ることができる。暗くて眼鏡もしていなかったのでよく見えなかったのだが、恐らく不動明王と愛染明王が鎮座在していた。そして出口近辺には救世観音像があり、しばらく見とれてしまった。それだけではない。全身に鳥肌が立ったのだ。夏の盛りである。早朝とは言え、クーラーも利かせていない場所で寒いわけがない。だが、寒いのだ。何か体の奥の方から感じるものがあり、うっすらと涙も出てきた。

スッキリしたところでおみくじです。
先日は江ノ島様からの角度からのお神籤でしたが、本日は川崎大師様からの角度でのお神籤になるわけです。

第65番
末吉

苦病兼防辱
乗危亦未※
若見一陽後
方可作良図

※は魚編に禾。恐らく意味は蘇(よみがえる)と同じと思われる。

如何に防ぐとも病苦に悩み恥辱を受くるも避け難し然れ共大師を念じ慎みてまてば時至りて幸福となるべし

願望:今は叶はず後に少しく叶ふべし
悦び事:正しければあり
交友:友情に亀裂入るも後復旧する
恋愛:当分苦悩あり後たのし
婚姻:しばらくして談好調なるべし
出生:手間どるも安し
職業:辛労を重ぬるも後成果を得べし努力の甲斐あり
住居:さわりなし
造作:よろし
旅行:旅先の幸あり
方角:南南西の間よし
訴訟:初め苦辛多く危きも後勝訴となるべし
勝負:辛うじて勝つべし
売買:少し時をまつべし共に有利に転廻すべし
貸借:初め不利の如くなるも後良き解決を得べし
待ち人:来るべし
失せ物:出づるも苦労すべし
走り人:手間どるもかへるべし
疾病:長引くも治癒すべし

なんか、全体的に「今は苦労。後でヨシ」みたいな感じですなぁ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿