2011年7月30日土曜日

写真がない

今は皆がカメラマンのような時代になっている。

20年ほど前、私は高校の写真部に入っていた。とは言え、集まってはトランプで遊ぶだけというダメダメな日々を過ごしていたのだが、その頃はまだデジカメというのは一般的ではなく、普通にフィルムのカメラが使われていた。
私が写真部に入っていたのは、究極超人あ~るという漫画の影響である。その漫画のとおりのような生活はできなかったけれども、近い生活は送っていたような気がする。

以前にもどこかで書いたような気もするが、父親が亡くなったのは10歳の頃であった。それから家族で写真を撮るものがいなかった。アルバムは小学生の頃のもので止まってしまった。

部活で写真を焼くのは主に白黒である。それはそれでなかなか味のある写真が撮れたりするので、別にカラーでないからと言って悪いわけでもない。だが、活動時期が春から夏休みが終わってすぐの文化祭までだったので、もっと写真を撮ればよかったのだろうけども、なかなか文化系のクラブというのはお金も掛かるものである。そうそう多くは活動もできず、水は低きに流れるが如く、ダラダラとトランプ遊びに興じるようになってしまったのである。

そうこうしているうちに恋人もできた。卒業してからしばらくして別れてしまったけども、いい時間を過ごさせてもらった。だけれども、よく考えてみると当時も写真は全く撮らなかった。仮に撮っていたとしても、別れと共に捨ててしまったかもしれないが。

そうしてまた数年が過ぎた。私は最初に就職していた会社を辞め、専門学校に入り直した。また新しい恋人もできた。その頃からちらほらとデジカメも安価で出まわるようになってきたが、私は持っていなかった。時代の流れは加速し、メガピクセルのデジカメや今となっては当たり前のカメラ付き携帯電話もどんどん出回ってきた。

だが、そこでも私は写真を全く撮らなかった。そしてまた撮られもしなかった。

今となっては、私の10歳以降の写真というのは数えるほどしか無い。昔の写真を見て「あ~、これあの時のものだ。懐かしい!」となるようなことは私にはまず無い。今の段階での過去の記憶でしか、昔のことを思い出せないでいる。
そしてその記憶も、またこれから先、年を重ねていくことでどんどんおぼろげになっていくことであろう。いい思い出や悲しい思い出にもセピア調の色彩を帯びた憧憬にもにた景色になっていくのだろう。

僕には過去が無い。

2011年7月13日水曜日

7月の江ノ島神社参拝

というわけで、今日がたまたまお休みだったので江ノ島神社に行って参りました。なんと、この季節になると江ノ島近辺はほぼ全裸の人で溢れてます。男も女もほぼ裸ですよ! え? 水着ですか。そういうもんですか。ほほぅ。。。
実は家を出る前に先日かった甚平を着たのですが、草履または下駄が無いのでこりゃいかんと急遽普通の洋服に着替えたのでした。ちょっと残念な気がする。

月参りも終了し、ソフトクリームを食べた後、足を伸ばして新宿に出る。小田急で一本だから楽と言えば楽だな。
目的は今日が最終日となった徳島マルシェ。スタッフさんもこれが終わったら後片付けをして、そのまま夜行バスで帰るとのこと。来月に阿波踊りを見に徳島に行くことを伝え、会えたらいいねと思った。

今日のおみくじの結果です。

第42番

ひとかたに なびくと見せて 青やぎの ゆくえさだめぬ 人心かな

運勢:小吉

思うにまかすようで心にまかせぬことがあり おもわぬ幸福ある様でも よく気をつけないと後で 損することあり 女難にことにきをつけなさい

願望:初めにきをつけねば中途でやぶれる
待人:来る 音信あり
失物:人に問え出る
旅行:よろしい色情慎め
商売:ねだん上下なし
学問:自己を信じ勉学せよ
相場:上がる買え
争事:相手を見極めよ
恋愛:周囲の理解が大切
転居:よろし
出産:さわりなし安産
病気:なおる信心が大切
縁談:他人に頼りすぎるな

ふーむ。。。女には気をつけます。特に旅行先で!
徳島マルシェin新宿京王百貨店に再び行って参りました。
戦利品の紹介はコチラから!

2011年7月9日土曜日

神田明神神社参拝

というわけで、先月浅間神社参拝に付き合ってくれた彼女が上京してくるというので、せっかくだから合流した。開口一番「痩せた?顎のラインがスッキリした」である。ダイエットの効果(カレーライスご飯抜き)が如実に現れた結果である。
というわけで、東京は御茶ノ水の近くにある神田明神に参拝してきた。

まぁともかく、おみくじの結果です。
26番 末吉

菊の花 たおりてはみじ 初霜の おきながらこそ 色まさりけれ

花を折らずに美を捉える。早手廻しの勝利に迷わされ積極的行動に出るは不安。些細な事でも石橋をたたいて渡る注意を怠らず静観的態度を以って臨めば不安は去り結果は吉。

願望:はじめは無理なるも後必らず叶う
待人:さわりあり来らず
失物:出る落ち着いて探せ
旅行:秋ならば利益あり
商売:初め損後に利あり
方角:西北の方特に吉
学業:次第に叶う
争事:心静かにすれば勝
転居:あせらずに待て
出産:吉さわりなし
病気:なおる信心が第一
縁談:最初の話よりも後の話の方が吉

あれ?待人とか縁談が前となんか違いますよ。。。?

2011年7月7日木曜日

徳島マルシェ in 京王百貨店

今日7/7から13日まで、新宿の京王百貨店にて徳島マルシェがやってくるとのことなので、早速駆けつけてみた。

デジカメの類が無いので、写真が無いのだが。。。え?これが徳島マルシェなの?という感じである。ほぼ毎月USTでの放送を見ていたり、実際に5月に現地参加した身としては、こんなデパートの地下の入り口のところにちょこんと仮に設置されただけの商品棚が徳島マルシェだと思って欲しくはない。
本来の徳島マルシェは川沿いの道に沢山のパラソルが並び、そこで生産農家の方やお酒造りの方と直接お話しをし、時には試食もさせてもらい、そして逸品を購入するという、それは楽しいショッピングなのだ。それがこんな小さなところで、ほんのわずかしか無い。。。うぬぬ。。。
まぁそれも仕方のないことなのだろう。

とりあえず売り場を見つけられただけでも大喜び。
まずは半田そうめんを試食させてもらう。うん、うまい。
マルシェには実際に徳島から来た方が売り子をやっていた。5月に実際に現地に行った時のことやUSTでの事を話し、そしてししゃもねこを見せて、先日オードリーで買ったと伝えたりした。まさか相手も新宿のデパートで、地元徳島のソゴウ内の一画にあるお店の名前が出てくるとは思ってもいなかったことだろう。
イロイロと商品を見ているとどんどん欲しくなってくる。近くからカゴを持ってきて、やはり徳島と言えばすだち。そして椎茸なんかをカゴに突っ込む。
実際に買ったものはコチラで帰宅後に動画で紹介をしている。


5月では、手荷物が多く十分に買い物できなかったそのリベンジが果たせたような気がする。

2011年7月3日日曜日

徳島弾丸ツアー顛末記

3日
朝9時仕事が終わり、ダッシュで羽田空港へ。
チェックインしたのち、お腹が空いたのでそのへんをウロウロして何か食べようとするも、飛行機の出発時間も迫ってきたので断念。
ちょいと遅れて神戸空港に到着。そのまま高速バスにて徳島へと。この時に売店でカロリーメイトを購入。バスの中でもさもさと食べる。睡魔が襲いかかってきて、しばらくの間ダウン。
15時半に徳島駅に到着。もうウンコがしたくてしたくてたまらない。冷房がお腹に来たというのもあるが、そういえば朝からトイレに行ってなかった。
トイレから出て、すぐに汽車に駆け込む。勝瑞駅までは12分。降りてから延々と歩く。目的地は川上珈琲予定地。しかし、どこだか分からず、行ったり来たり。。。歩き続けてパンツまで汗でびっしょりの中、またまたウンコがしたくなってきた。途中古着屋に入ったり、スーパードラッグコスモスに入ったりして用事を済ます。シャワートイレの普及が遅れているようだ。
どこだか分からないまま雨が降ってきた。なんだか映画の主人公のような気がしてきたが、よくよく考えてみたら映画の主人公はもっとかっこよく決めるのだ。かばんからPHSを取り出すと、ルパン氏から着信アリ。折り返し電話を掛けてみて、場所を聞いてみたら通り過ぎていた模様。詳しい場所を聞いて、ようやく川上珈琲予定地に到着。中には誰もいなかった。
勝瑞駅まで歩いてもどると、なんと汽車が出たばかり。このまま20分程待たされる。せっかくなのでポカリスエットを飲む。汗がダラダラの体にすんなりと滲み込む。
徳島駅まで戻り、アミコに入っているオードリーという雑貨屋へ。ししゃもねこを買うのだ。
タクシーに乗り込みつばさアジトへ。部屋に入るなり鏡を倒してしまうが、割れなかったので事なきを得る。一風変わった器でコーヒーを頂く。趣のある器でなかなかよろしい。そして手作りシナモンロールを食べる。しみじみと旨い。卵も牛乳も使っていないとのこと。これならアレルギーの人にもなんとか食べられるかもしれない。小麦粉アレルギーはダメだけど。そこへかんこ嬢がやってきてカットパイナップルの差し入れ。ジューシーで旨い。かんこ嬢は時間が無いようで、すぐさま退散。
その後ルパン&つばさは次回ゆるすとカフェの取材があるのですぐにお別れ。一人びざんの湯に入る。なんだか温いのは夏仕様で温度を下げているのだろうか。
ふと気がつけば21:18。バスの発車時間は21:30の予定。やばいーと思いながら走ると、あっという間に集合場所。走ったせいで汗が再び流れてくるが、それもまた気持ちいい。


ししゃもねこと。


さらば徳島。また帰ってくるからね。

4日
朝6時新宿到着。一旦帰宅して仕事へと向かう。