2011年6月11日土曜日

浅間神社参拝

諏訪大社からの帰り、会いたいという人がいたので勝沼ぶどう郷で途中下車。しばらく待つと、その美女がやってきた。
せっかくだからとドライブがてら、一宮でもある浅間神社に参拝。

ちょいと小腹も空いてきたことだし、ローズガーデンだったか、バラ園を営業しつつカフェを営業しているお店に行き、そこでここ最近の身の上話やなんやと話したりする。
私の今年後半のテーマは表現力だ、文学性を身につけるのだ、というようなことを話したら、えろびでおを見るべしという回答が返ってきた。いったいこの人は何を言ってるのだろうと思ってマジマジとその顔を眺める。
確か40歳を超えているはずだが、まだ30代半ばと言ってもいいぐらいの可愛らしさと、胸元の谷間が見えるぐらいの服装と、手に余りそうな大きさの胸とが目の前でハーブティーを飲んでいる。「凄くいい香り~」と上機嫌のようでもある。
(空白の時間)
私は甘い思いをし、彼女は酸っぱい思いをしたようだ。

駅まで送ってもらい18:30。次の電車は18:33とのこと。タイミングぴったり。
高台から見下ろす景色もなかなかよかった。また来たいところでもある。

というわけでおみくじの結果です。なんか知らんが両面にびっしり。

表面

さびしさに 何とはなくて 来て見れば うれし桜の 花ざかりかな

おもうがままになる運です 短気をいましめて身をつつしみ 何事にも心静かに他人とよくよく相談して事をなさい すべて心のままになるでしょう

大吉

願望:心ながく思うてせよ 叶いましょう
待人:おそけれど来る
失物:高い所にあり
旅行:出発は吉日をえらべ
商売:物の価変動あり
学問:安心して勉学せよ
相場:上場する 利あり
争事:自己を戒めよ 勝つ
恋愛:愛を捧げよ倖せあり
転居:さわぐな
出産:精神を安定すれば安産
病気:日頃を気をつけよ
縁談:出来るところを短気のためにやぶれることあり

裏面

いつもにこにこ感謝の気持ち、家もあかれば、身もひかる
食う事着る事、いや生きて居る事が、自分ひとりの力でない。天地に充ちみちた神様の御かげ、社会の人々のなさけの賜物である。感謝せねばならぬ。感謝の心が湧いた時、身も心も明るくなる。其思いの消える時、不平、不満で心が暗くなり、世の中が狭くなる。

いい感じです。
諏訪大社上社本宮のおみくじとほとんど同じ内容ですね。なお、浅間神社の御斎神はコノハナサクヤヒメノミコトで桜の神様であり、時とタイミングの神様。今日の1日はタイミングがぴったりな事がよくあった。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿