2011年6月16日木曜日

放射能汚染→鼻血・下痢のデマについて

元はトゥギャッターからのもの。
結論から言えば、現地作業員以外は放射能汚染からの鼻血・下痢にはならないし、仮になったとしたら医者に診断してもらうのがいい、というだけのこと。

数日前、私もちょっと下痢をした。下痢自体随分久しぶりであった。しかも不思議なことに、お腹の痛みが全く無く、ただ出るものが液状になっただけであった。
これで体調が他にも悪くなったりしたら病院に行けばいいと思っていたが、次の日には何事もなく治ってしまった。

さて、その下痢になった日、ツイキャスで動画配信をしていた。別にただカレーを食ってるところを流すというだけのツイキャスなのだが、そこで下痢になったということを話したら「放射能の被ばく症状で下痢がある」とわざわざ指摘した人がいた。
だが、これは後になったから言うのではないのだけれども、全く見当はずれな指摘である。下痢なんていう症状は、お恥ずかしい話だが、私が小学生や中学生の頃は2・3日置きに下痢をしていた。しかもその間は便秘であった。この下痢と便秘の交互の症状はだいたい30歳ぐらいまで悩まされた。仮に、数日前の下痢が被ばく症状であるとしたら、私が30歳ぐらいまで悩まされていた下痢はなんだったのか。それもチェルノブイリやビキニ環礁での影響なのか。
ワケのわからんことばかり言っているのは、要するに頭が悪いからだ。不安になる気持ちは分からなくもない。だから下痢や鼻血と言った症状で被ばくと言いたくなる気持ちも分からなくもない。だが、それは無知だからだ。そんなことがありえないということは少し調べれば分かることだ。また、その筋の専門家に聞けば分かることだ。そうしたちょっとした努力もしないで不安だけを撒き散らして勉強もせずデマを拡散するのは迷惑千万でしかない。

まず病気になったのなら、きちんと医者に診せるべきだ。そうしてそれが原因不明とか、通常ではありえないようなものであれば、そこで初めて被ばくという線を疑えばいい。そういう常識的な当たり前の手順を踏まないで、やたら不安からくる無知によるデマは腹が立ってしょうがない。
まず西洋医学で診断し、治す。それがダメなら東洋医学で診断し、治す。それもダメならホメオパシーでもクロレラでも試せばいい。そうして、それでもダメならようやく心霊治療とかやればいい。
そうしたごくごく当たり前の、常識的な、本当に普通の、しかるべきステップを踏んで、冷静に対処すべきだと思う。

2011年6月11日土曜日

浅間神社参拝

諏訪大社からの帰り、会いたいという人がいたので勝沼ぶどう郷で途中下車。しばらく待つと、その美女がやってきた。
せっかくだからとドライブがてら、一宮でもある浅間神社に参拝。

ちょいと小腹も空いてきたことだし、ローズガーデンだったか、バラ園を営業しつつカフェを営業しているお店に行き、そこでここ最近の身の上話やなんやと話したりする。
私の今年後半のテーマは表現力だ、文学性を身につけるのだ、というようなことを話したら、えろびでおを見るべしという回答が返ってきた。いったいこの人は何を言ってるのだろうと思ってマジマジとその顔を眺める。
確か40歳を超えているはずだが、まだ30代半ばと言ってもいいぐらいの可愛らしさと、胸元の谷間が見えるぐらいの服装と、手に余りそうな大きさの胸とが目の前でハーブティーを飲んでいる。「凄くいい香り~」と上機嫌のようでもある。
(空白の時間)
私は甘い思いをし、彼女は酸っぱい思いをしたようだ。

駅まで送ってもらい18:30。次の電車は18:33とのこと。タイミングぴったり。
高台から見下ろす景色もなかなかよかった。また来たいところでもある。

というわけでおみくじの結果です。なんか知らんが両面にびっしり。

表面

さびしさに 何とはなくて 来て見れば うれし桜の 花ざかりかな

おもうがままになる運です 短気をいましめて身をつつしみ 何事にも心静かに他人とよくよく相談して事をなさい すべて心のままになるでしょう

大吉

願望:心ながく思うてせよ 叶いましょう
待人:おそけれど来る
失物:高い所にあり
旅行:出発は吉日をえらべ
商売:物の価変動あり
学問:安心して勉学せよ
相場:上場する 利あり
争事:自己を戒めよ 勝つ
恋愛:愛を捧げよ倖せあり
転居:さわぐな
出産:精神を安定すれば安産
病気:日頃を気をつけよ
縁談:出来るところを短気のためにやぶれることあり

裏面

いつもにこにこ感謝の気持ち、家もあかれば、身もひかる
食う事着る事、いや生きて居る事が、自分ひとりの力でない。天地に充ちみちた神様の御かげ、社会の人々のなさけの賜物である。感謝せねばならぬ。感謝の心が湧いた時、身も心も明るくなる。其思いの消える時、不平、不満で心が暗くなり、世の中が狭くなる。

いい感じです。
諏訪大社上社本宮のおみくじとほとんど同じ内容ですね。なお、浅間神社の御斎神はコノハナサクヤヒメノミコトで桜の神様であり、時とタイミングの神様。今日の1日はタイミングがぴったりな事がよくあった。。。

諏訪大社上社本宮参拝

せっかく休日なもんで、以前に人からオススメのあった諏訪大社にお参りしに行く。ちょっと話を聞いてみると上社本宮だけでよいとのこと。なんでかは聞かなかったが、まぁそうなのかなと思い、出発。

家からは電車で移動。目的地は茅野。中央線でひたすら移動。朝の早い時間だから特急は無い。というか、仮にあっても日程的に余裕があるので使ってない。ゆっくりと座れたしね。
うつらうつらと眠ったり、はっと気がついてはまた眠ったりと、要するにずっと眠っていたわけだが、家を出た頃に降っていた雨はいつの間にか止んでいた。
青柳駅を出て、次は茅野駅というところで、プシュー!という音。これは非常ブレーキの音である。なんでも倒木があったとのこと。衝撃は感じなかったので撥ね飛ばしたわけではなかろうが、20分程緊急停車。近くに座ってたおばさんは車両点検していた運転士に向かって「早く動かしてよ!」と切れていたが、相手は自然現象である。そんな怒るだなんて、バカなんじゃなかろうか。
どうやら実際には倒木を撥ね飛ばしたようだが、とりあえずの安全が確認され茅野駅に到着。ここからしばらくは上下線とも不通になるが、私としては目的地に着いたのでセーフ。始発から数えて3本目に乗車したので、結構危なかったタイミングでもある。

茅野駅から諏訪大社上社本宮までの往復はタクシーを使う。バスが無く、徒歩にはちょっと遠かろうということだ。しかし往復で3,000円。。。ちょっと痛いのだが、致し方あるまい。
着いてお参りしようとしたら、ちょうど結婚式が挙げられているところであった。
また、さっきまで上がっていた雨がぱらりという音を立てる。だが降ってこないのは、境内に鬱蒼と生い茂った樹々のおかげだろう。神秘的な雰囲気が自ずと盛り上がってくる。なんだか懐かしいような、嬉しいような、優しい雰囲気に包まれる。

タクシーの運転手のオススメのソバを食べる。地元茅野市で作られたソバを使用している。歯ざわりがもちっとしていて、ソバの風味が強い。素朴ながらも力強い味わいがしみじみと美味い。蕎麦湯も頂き、汁まで全部頂く。

12時半過ぎ、中央線は遅れながらも復旧し、事故の影響もあり、甲府まで特急(今回限り特急券不要)に乗り込んだのでありました。

というわけで、おみくじの結果です。

のどかなる 春の野中を 家人と こころ安けく 行く心地かな

小吉

小下りの道で車を引くように軽々と事が運ぶ運
心を正し身をつつしめば草木が神の恵みの雨露を得て栄える如く 次第に幸福加わり嬉しき事ある

願望:他人の助けありて思うように叶う
待人:少し障り有も来る
失物:女の人に聞くこと
旅行:行先に利益あり
商法:他人の世話あり吉
養蚕:思うように出来る
方向:南の方特によし
争事:初めは危うく後吉
抱人:変えぬ方がよし
転居:其のまま居ること
出産:安し 安心すべし
病気:危き様なるも治る
縁談:早くは叶わねど気長く待てば叶う
学業:身を慎みてはげめ

いい感じです。

2011年6月8日水曜日

6月の恒例江ノ島神社参拝

というわけで、何故か仕事も休みだし、1日ぽっかり空いちゃったんで恒例の月参りに行ってまいりました。
雨模様だった天気も徐々に上がっていき、帰る頃になると日が差してきたという、めまぐるしく天気も変わっていきました。何にしてもずっと雨に降られるよりはいいかなという気もしますんで、まぁよかったよかったというところでしょう。

というわけでおみくじの結果です。

わがおもう 港も近く なりにけり ふくや追手の かぜのまにまに

大吉

災害自から去り福徳集まり誠に平地を行くが如く追手の風に舟の進むが如く目上の人の助をうけて喜事があります信心怠らず心直く行い正しくなさい

願望:金銭其他万事心任です安心油断大敵
待人:たよりなし来る
失物:出る人手に渡らず
旅行:行先利徳あり
商売:売物買物損はなし
学問:安心して勉学せよ
相場:好機です
争事:勝つが控えて吉
恋愛:この人となら幸福あり
転居:いそがぬ方が吉
出産:安し母子とも大吉
病気:精神の安定第一
縁談:首尾よし思わず早く調う安心せよ

実はこの後、お買物で小銭入れを落としちゃったんですけど、30分ぐらい経ってから落ちたままの状態で見つかりまして中身もそのまま無事だったんです。失物。。。オイ!当たってるよ!!神様ってすげー!!

2011年6月7日火曜日

今年後半のテーマ

さてさて、いよいよ6月にもなり、今月が終わるとなんと今年前半が終了してしまうという、驚きの白さですよ、奥さん!!
相変わらず支離滅裂な生き様をさらしてますが、みなさまいかがお過ごしですか?

私はと言えば、今年の正月に誓ったように、絶叫しそうな日々を送ってますが、本人がそれを当たり前のように思っているのであまり効果的に絶叫的な日々とは思えないような状況になってます。
それでもやはり、雌島雄島に出かけたり、氷見に出かけたり、仙台に出かけたりという、仕事の合間でも恵比寿に行ったり横浜に行ったりで、フラフラになりながらも行動しているのはいい傾向なんじゃないかと思います。
ゆったりとした旅行では先日の徳島がなんと言ってもよかったですね。

というわけで、今年の後半は文学というテーマを一つ取り上げてみたい。
文学力とは要するに表現力であって、例えば今の政治家、特に首相とか見てますと、頭は良いのだろうけども人を感動させるような表現力に乏しいなぁと思ったり思わなかったりするわけです。なんて、こんな拙い駄文を書きなぐっている私が言うのも変なんですけどね。。。

つまり、じゃぁ自分の文学力を磨くしかないだろうってのがこれからの今年後半のテーマです。
今までどれだけ多くの文学作品を読んできたか。。。考えてみるとほとんど読んでいないということが分かります。インプットが無ければアウトプットも無いわけで、これはいかん!と風呂上りに全裸でヴェランダに出ても、全く役には立たないわけでして、すごすごと部屋に戻ってきたという次第です。

今年後半は何世代にもわたって、多くの人を感動させ感激させた書物を1冊でも多く読もうと思うわけです。

2011年6月5日日曜日

5/26~5/29 徳島旅行

5/26 19時頃 徳島到着
5/26 20時 モツ鍋
5/27 12時 ひらた
5/27 13時 マルナカ(チャチャ)
5/27 15時 昼寝
5/27 20時半 こはくの天使
5/27 22時 109U
5/28 02時 カラオケ
5/28 10時 渦の道
5/28 13時~ 木の夢ととり
5/28 ~18時頃まで 美郷町蛍の館など連行される
5/28 19時 くんべるカレー at るぱんのアジト
5/29 10時 徳島マルシェ
5/29 14時 徳島空港から飛行機が飛ばない
5/29 15時 陸路で鳴門・明石を越える
5/29 17時 神戸から新幹線
5/29 20時半 帰宅

くんべるさんの作ったカレーが美味くて旨くて、もういつまでも生きていられる。
そしてマルシェでは思わずゆかりんに会うことができて、ようやくバラの花束を渡すことができた。
帰りの飛行機が飛ばず(というか着陸できなかったので)、バスで神戸まで出たのだが、物凄い風にあおられてバスもふらふらと蛇行していた。それも橋の上を走行中に!!

今回の旅行ではかなりの人数と出会うことができ、帰路も心配していただいたようだが無事に東京に帰ることができた。いつか徳島に引っ越したいと思う。みんなありがとう。