2010年11月21日日曜日

梅田から松山へ

7時頃だったか、夜行バスは難波に到着。難波から南海に乗り、住吉大社へ。
住吉大社は前々から一度参拝したかったところ。この度めでたく参拝することができました。
沿道では七五三のための屋台を用意しているが、まだそれは少し後のこと。それよりは中に入ってお参り。どうやら奥の本殿から順に、手前に向かって移動しながら手を合わせていくのがいいらしい。
最初、手前から順に奥に向かっていったのだが、地元に人だろうか、奥から戻りつつ参拝している人がいたので、その人に習ってみた。
寒かったからか、凛とした空気で身が引き締まるような思いであった。

さて、どうすっかなと思い、駅に向かって歩いているとコーヒーのいい香りがしてきたので、思い切って吸い込まれることにした。
モーニングセットを頼む。なかなか美味い。
残念なことに店内禁煙でなく、常連客の人たちがプカプカ吸い出しやがった。もうコーヒーの香りも台無し。急いで勘定を済ませて外へ出る。

梅田に出て、一昨日利用したネットカフェに行き、シャワーを浴びる。バスタオルが買い取りなのが少し不満であったが、まぁいいだろう。
シャワーを浴びてスッキリしたところで、再度蜜焼カレーの店へ行く。
美人オーナーのあーみーさんと少し話をする。まさか今日も来るとは思ってなかったそうだ。まぁ美人に会うためであったら多少の距離はものともせずに行くのがいいと思う。

腹ごしらえも済んだので、再度梅田に出て、JRを使い松山まで移動。先日とは逆のパターン。えっちらおっちらと岡山まで行き、そこから瀬戸内海を渡って行く。JR四国は出発音が瀬戸の花嫁なのだが、歌詞が思い出せず、本来「瀬戸は時雨れて」の部分を「ソバカスなんて」とキャンディキャンディの歌になってしまう。
だがそんなバカな事を思いつつも、私本太平記を読み進めていきつつ、途中何度か読み疲れたので寝たりして、気がつくと観音寺というところで17時。そこからは我慢できずに特急に乗り松山に20時半ごろ到着。あのまま普通で乗り継いだら22時を過ぎるところであった。
JR松山駅の近辺ではもうお店も閉まっているところも多く、なかなかご当地料理は食べられそうになく、そんなわけで駅のすぐ近くにあるカレーショップでカレーを食べる。アルバイトの女の子が可愛くて、何やら会話をする。

2駅ほど離れたところのネットカフェに移動。駅からもちょっと歩く。事前に調べたのがそこだったのだけれども、後で調べたらJR松山駅の目の前にあって、余計な移動時間を取られただけだった。。。まぁいいか、ということで今日からネカフェにお泊り。

0 件のコメント:

コメントを投稿