2010年6月27日日曜日

課題図書

師匠から以下の本を読むようにとのお達しがあった。
7月末までに12冊。。。うーん。。。

◇講談社
吉川英治歴史時代文庫
「私本太平記」1~8巻
※吉川英治著
定価714円

◇岩波文庫
「代表的日本人」
※内村鑑三著
※鈴木範久訳
定価630円

◇岩波文庫
マルクス・アウレーリウス「自省録」
※神谷美恵子訳
定価735円

◇ちくま文庫
「思考の整理学」
※外山滋比古著
定価546円

◇講談社現代新書
「知的生活の方法」
※渡部昇一著
定価756円

代表的日本人と思考の整理学はすでに読んだので、あと10冊。
太平記は多分読み始めたら止まらなくなるだろうから、まずは自省録と知的生活の方法から読み始めることにしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿