2010年6月23日水曜日

うちの学生達に苦言

お昼ごはんを買いに行こうとして駐輪場に行くと、バイクのナンバーが折れ曲がって見えないようになっているのが1台、ナンバーの数字がこすれて見えなくなっているものが1台、それぞれ停めてあった。
まぁ、これだけでも整備不良で罰則の対象になるのだが、わざわざナンバーを隠すようにしているというのは「ボク道交法違反した走りをするんだもんね」とおおっぴらにしながら走っているようなもんである。
つまり、どう考えてみてもバカなんじゃなかろうかとしか思えない。
何を好んでこのようなバカなことをするのかサッパリ理解できない。これはもう昔からのことだから、年齢的なものではないだろう。精神的な年齢と言ってしまったらそうなのかもしれないが。。。

変な話だが、普通違法性のあることであればなるべくなら隠そうとするはずである。違法だと分かっているからそれがばれたらまずい。なので気づかれないよう、大人しくしたりいかにも普通っぽく振舞ったりするんである。
しかし、ナンバー隠しというのは、要するに身元が割れたら困るということで隠しているのだけれども、そもそもナンバーは見えていなければならないもので、つまり隠しているということ自体が違法なんである。
だから、これ見よがしにナンバーを隠しているのをアピールしているというのは、どう考えてみてもバカのやってることとしか思えない。

とてもではないが、知性や教養というものを感じさせるものではない。
そんなのが教え子の中にいるわけだ。。。世の中の中学・高校の先生方の嘆きというのを今更ながらに実感する。

0 件のコメント:

コメントを投稿