2010年4月25日日曜日

4月の恒例江ノ島神社参拝

4/18に資格試験がありました。結果は6/25なんだそうです。ずっと来なければいいのに。。。
なんてこと言ってもしょうがないですが、まぁとにかく試験があって、それから1週間ばかりずっとゲームで遊んで、マンガを読んでばかりいました。
さすがによくはないだろうなぁと思いつつも、無事に試験が乗り越えられたという報恩感謝のお参りに行ってきたのです。それに4月のお参りもしてなかったような気もするし。

さて、そんなわけでおみくじの結果です。

夕立の 雨やまなくに 日はくれて
行きなやみたる 山の坂道


運勢 小吉

あせらばあせる程 苦しみ多く 騒げばさわぐ程損をする災添う運です
けれど何事も控え目にして心静かに身を守り信心怠らなければ却って後は大の幸福あり

・願望 あせるな 人に任せれば吉
・待人 道に妨げあり来ず
・失物 物の間にあり
・旅行 急ぐな利益なし
・商売 大きな損はなし
・学問 自己の甘さを捨て勉学せよ
・相場 山気を起こすな
・争事 勝て共後に恨まれる
・恋愛 自我を抑えること
・転居 控えておくがよし
・出産 身を大切に取扱え 安心してよし
・病気 信心せよ
・縁談 腹立ちて自から破る恐あり人に任せよ


ゲームばっかやってたのが見透かされてます。。。すいませんでしたー!orz

2010年4月11日日曜日

駄洒落とシモネタ

駄洒落もシモネタも、実はOKだ。

ところでシェイクスピアを考えてみる。
「ロミオとジュリエット」「リア王」「ハムレット」のような悲劇。また「真夏の夜の夢」「じゃじゃ馬ならし」のような喜劇。それら全てに必ずギャグと駄洒落とシモネタが入っている。。。らしい。
だけれどもそれが400年もの長い間、人々に愛され続けているんである。
自然表現、感情表現、心理描写、状況表現が実に見事で誰が見ても感動する。そこに韻を踏んだ駄洒落の連続、皮肉の連続、ほめ殺しの連続。そして必ずシモネタが入る。
ロミオのセリフ、リア王のセリフ、ハムレットのセリフ、全てにシモネタが出てくる。
だけれども単なる駄洒落やシモネタというのではなく、人生や人間の理解、そして観察の深さや幅広さ、そういったものが素晴らしいんである。。。らしい。

残念ながら、シェイクスピアにはまだ手を出していないので、そういう評価なんだということしか分からない。だけれどもそれが400年もの長きに渡って愛され続けている文学の実際なんである。
駄洒落やシモネタを一方的に避けるのは、あまりにも短絡的過ぎる。

人間らしく。。。

人が人たるものとは一体なんだろう。

三大欲求は、食欲、性欲、睡眠欲だとされている。これらばかりを満たそうとするのなら、その人は人間の皮をかぶった獣である。獣と全く変わらないからだ。
では人が人たらしめているものは一体なんだというと、それは文化だということになるだろう。
しかし文化と言っても、なかなかピンと来ないかもしれない。だったら芸術と言ったらいいのではないだろうか。

何をもって芸術とするかはそれぞれだと思う。絵や書や音楽といったところが分かりやすいか。それ以外にも古典芸能もそうだと思う。
恐らく、私が外国人と親しくなったなら、柔道や空手のことを聞かれるだろう。これらは格闘技だが、日本の文化の中で醸成された芸術の一種と言ってもいいのかもしれない。薪能は世界遺産になったんじゃなかったかな?

これらに共通するのに、どれもが美しいと思えるものばかりだと思う。美しい絵はいつ見ても美しいし、美しい音楽はいつ聴いてもいい。
そういう「美しい何か」を感じるというのがその人の芸術性なんだと思う。それが人間らしさなんではないかと思う。

多分、天国や極楽というのはそういう美しい場所であるに違いない。秩序と調和と言ってもいいのかもしれない。
多分、地獄はそういう美しさとは無縁の場所であるに違いない。荒廃とか退廃とか。
実際に存在するかどうかはこの際問題ではない。それはもう、心の中の景色だから。

人として生きているのなら、芸術性を磨いていったほうがいいようだ。

2010年4月5日月曜日

誰が見てるのか。。。

このブログに引っ越すことを決めたのは、ただ単にGoogleアカウントで作成できるからという理由であった。
それはそれでいいのだが、誰が見に来ているのかがイマイチよく分からない。多分見ているだろうな、というメンバーは分かるのだが、アクセスカウンターも無いし、どれだけ見られているかという実感が全く無い。
人間というのは、現金なもので、こういう実際の数字を見せられると弱い。そしてその数字にこだわったりするようになったりする。だから目標は具体的な数字にしなくてはいけないのだが、それはちょっとまた別の話。
とにかく、ここはその数字が見えない。それが心地いいという人もいるかもしれないが、私は少しばかり気になる。

恐らくは、そういうガジェットもあるのだろうが、それも見当たらない。ninjatoolをいれるのも、なんかイヤだ。なんかないものだろうか。。。

2010年4月3日土曜日

デドックスか?

今日は夜勤である!ってそんな力説しなくても。。。
まぁとにかくそんなわけで夜勤なのだ。なもんで、7時頃に朝食を摂る。冷蔵庫にはギョーザがあった。3/29までの賞味期限となっているギョーザである。まぁいっかとフライパンで焼く。
いい感じに焼きあがって、フライパンにこびりつくこともなく、すんなりとはがれた。熱々のギョーザはなかなかに美味い。

ちょっと酸っぱいのは気のせいだろう。

12時半頃に目が覚めた。お腹が動いている。どうやらウンコが出そうな感じである。昨日した覚えが無いので、まぁ2日ぶりのお通じだ。本当は毎日出したいのだけれども、なかなか言うことを聞いてくれない我がお腹。

トイレにこもると、とんでもない痛みが襲い掛かってくる。ぐぬぉぉぉ。
どうせ自分ひとりしか部屋にいないので、大きな声でうめき声を上げる。ハァハァ、なんだこの痛みは。。。まるでこの世の苦しみを一身に背負ったみたいじゃないか。おぉ神よ、何故私ばかりがこんな苦しみを!?
もうしばらく痛みは続く。
そう言えばERで出産シーンでいきませる時に「Push! Push!」って言ってたっけ。。。なんて思い出しながら、ふぐぉぉぉといきみつつ、頭の中では「Push! Push!」とフレンズのジョーイが言っていた。どうも何かが混ざったらしい。

多分、30分ぐらいはトイレにこもっていたんだと思う。
フラフラとよろめきつつ、布団になだれこみ、疲労感と脱力感の中、再び眠りについた。