2010年3月28日日曜日

サクラサキサクラチル

世間様では花見で盛り上がってるようで、大変結構なことではないかと思うのです。
この週末は寒かったり、天気があまりよくなかったところもあるようで、そういう意味では少し残念だったのかな? まぁ花を愛でながら飲むお酒というのも、中々いいものです。

桜というと、昔はコノハナ(木の花)と言っていたそうで、それが神格化されたものがコノハナサクヤヒメなんだそうです。
古事記ではコノハナサクヤヒメは大変美しい女性でした。天孫ニニギノミコトが一目でほれてしまうくらいです。出会ったその日にプロポーズをして、その翌日には妊娠~出産と続きます。
いくらなんでも早すぎでは。。。別の奴の子供だろう!? との疑惑にもめげず、産屋の入り口を塞いで火を放ち、もし天孫ニニギの子でなかったら無事に出産できるわけがない! とあまりにも大胆なことをします。
結局無事に、海幸彦(ホデリ)、山幸彦(ホオリ)、ホスセリの三柱の神を出産したのでした。

さて、桜の花は時が来るとパッと咲き、時が来るとパッと散ります。まさしくタイミングをぴったりと合わせて一斉に咲き、一斉に散るのです。

世の中、どこかずれてる人というのは、まずこのタイミングがずれている。
かつてたまごっちがブームになったことがあったが、そのタイミングで偽者が多く出回り、またそのほかのたまごっちグッズが世に溢れた。
また、今現在バンクーバーオリンピックの話をしても、あぁあったね、とはなるが、それほど盛り上がるものでもない。
こういうタイミングを合わせてくれるのがコノハナサクヤヒメ。
全国にコノハナサクヤヒメをお祭りしている神社は数多くあるが、そういうことが分かってお参りするとよい。「今何をすべきか」が前よりもツボにはまってくる。
それと同時に気の強さもある。頑固なのとは違う信念の強さである。そうしてそれを証明して見せるだけの強さもある。

桜の花は美しいのみならず、その時はツボにはまり、また強さも持ち合わせている。
ただ花見で酒を飲むだけでなく、そのように生きて行きたいと心に誓ってみるのもいいだろう。

2 件のコメント:

  1. こんにちは~(^^)Beautiful Japanです。

    実は私、日本文学科だったのですが、コノハナサクヤヒメが桜の化身だったというのは
    初めて知りました。
    (まぁ専攻は中古文学なので許してください・・・w)
    古事記とか日本書紀って、読んでみると面白いですよね。
    こういう話題、大好きです。
    お花見は桜の木の下でするのもいいけど、あったかい部屋から桜を眺めてお酒を飲むのも
    いいと思うんですけど・・・。賛同者なし?

    返信削除
  2. Beautiful Japanさんこんばんは。

    日本文学科!なにやら知性の香りがします。
    男でも女でも、やはり知性があると魅力が滲み出てくる、そんな色気があるように思います。

    コノハナ(木花)は桜の花の事です。それが咲くように大変美しいと。
    でも美しいだけでなく、内面には激しい性格も持ち合わせてました。ここまでは古事記にも書かれています。

    見た目麗しく内に燃えたぎるものがある。。。日本一のそれは富士山ではないでしょうか。だからか、コノハナサクヤヒメは富士山の神様でもあります。
    富士山本宮浅間大社(せんげんたいしゃ)にはコノハナサクヤヒメが主祭神で、ご神木は桜です。
    妻の守護神、安産の神、子育ての神でもありますから、一度お参りしてみたらいいですね。

    そして御神酒を飲みつつ花見なんて、想像すると、あぁいいなぁ!
    もちろん部屋の中からもいいと思います!

    返信削除