2010年2月27日土曜日

自己実現ってなんだ

時たま聞く言葉に自己実現ってのがある。要するに夢とか希望とかが叶えられてよかったね、ということらしい。
でも、だからなんなんだと思う。
自己実現できたからなんなんだと思う。

嬉しい? そりゃそうだろう。だけどそれで終わりなのか。
何事かを達成して、嬉しくて、よかったよかったと。それで終わりなのかと。
終わるものかね。人生は寿命が尽きるまで続くんだ。そこには自己実現もへったくれもない。

だが、夢や目標に向かって張り切っている姿は素敵だ。
達成できるかどうかとは関係なしに、まぶしく光り輝いている。

要するに事柄じゃない。
自己実現に向かって努力していること自体が素晴らしいんだ。
それは男であれ女であれ、サラリーマンであれ経営者であれ、役者であれ専業主婦であれ、そんな事柄はあまり大事な要素ではないように思える。
「そうだ、これに向かってああしてこう工夫しよう!」というのが素晴らしいんだ。

そうして最終的には、三十三相に化身して衆生を救済される観音様の様に、なんでもオールマイティにできるジェネラリストな人間になるようにしていくんだ。それが僕の最終的な自己実現。
だから何でも中途半端に始めて、ひとかどの人間になることもなく、だけどもやめることもなく、ひょっとすると周りから認められることもない。だけど、それが素晴らしいんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿